1分で学ぶPython|文字列を小文字に変換するcasefold()

Home String Methods

Pythonで文字列を小文字にするにはlowercase()とcasefold()があります。 今回、紹介するcasefold()のほうがより強力です。

casefold()の例1

以下のコードは、"Hello, And Welcome To My World!"をすべて小文字にするコードです。

txt = "Hello, And Welcome To My World!"
x = txt.casefold()
print(x)

casefold()の定義及び使い方

casefold()関数は、次の文字列を返します。 すべての文字が小文字になります。 この方法は、lower()関数を使用しますが、 casefold()関数は より強力で攻撃的で、より多くの文字を小文字であり、2つの文字列を比較すると、より多くの一致が検出されます。 casefold()関数を使用して変換されます。

casefold()の構文

string.casefold()

casefold()の引数

パラメータなし

casefold()の例2

casefold()は、ßなどの小文字にできないような文字も小文字に変換します。

firstString = "der Fluß"
secondString = "der Fluss"
 
# ß is equivalent to ss
if firstString.casefold() == secondString.casefold():
    print('The strings are equal.')
else:
    print('The strings are not equal.')

Home String Methods

Last Updated: 8/12/2019, 10:20:04 PM