1分で学ぶPython|sorted()の使い方

HomeFunctions

sorted()の例1

Sort a tuple:

    a = ("b", "g", "a", "d", "f", "c", "h", "e")x = sorted(a)print(x)

sorted()の定義及び使い方

sorted()関数はソートされた 指定された反復可能オブジェクトのリスト。 昇順または降順を指定できます。文字列はソートされます。 数値は数値順に並べ替えられます。

注意:文字列値と数値の両方を含むリストはソートできません。

sorted()の構文

    sorted(iterable, key=key, reverse=reverse)

sorted()の引数

反復可能な 必須。ソートする順序、リスト、ディクショナリ、タプルなど。

キー オプション。順序を決定するために実行する関数。既定値:なし

逆 オプション。ブール値。Falseの場合は昇順に並べ替え、Trueの場合は並べ替えます。 降順。既定値はFalseです。

sorted()の例2

Sort numeric:

    a = (1, 
    11, 2)x = sorted(a)print(x)

sorted()の例3

Sort ascending:

    a = ("a", "b", "c", "d", "e", "f", "g", "h")x = sorted(a, 
    reverse=True)print(x)

HomeFunctions

Last Updated: 7/27/2019, 11:23:37 AM