1分で学ぶPython|format()の使い方

HomeFunctions

format()の例1

x = format(0.5, '%')

format()の定義及び使い方

format()関数は、指定された値を指定した形式に変換します。

format()の構文

format(value, format)

format()の引数

value:任意のフォーマットの値

format 値の書式を設定する形式を指定します。有効な値: '<'-左揃えで結果を格納します(使用可能なスペース内) '>'-右揃えで結果を配置します(使用可能なスペース内) '^'-結果を中央揃えにします(使用可能なスペース内) '='-記号を左端に配置します '+'-正符号を使用して、結果が正であるか負であるかを示します '-'-負の値にのみ負符号を使用 ''-正の数には先頭にスペースを使用します。 ','-コンマを桁区切り文字として使用する '_'-1,000単位の区切り文字としてアンダースコアを使用する 'b'-バイナリ形式 'c'-値を対応するUnicode文字に変換します 'd'-10進形式 'e'-小文字のeを使用する指数形式 'E'-科学的な書式で、大文字のEを使用します。 'f'-ポイント番号の形式を修正 'F'-ポイント番号の形式を固定 (大文字) 'g'-汎用フォーマット 'G'-一般形式(科学的な表記のために大文字のEを使うこと) 'o'-8進形式 'x'-16進形式、小文字 'X'-16進形式、大文字 'n'-数値の書式 '%'-パーセンテージ形式

format()の例2

x = format(255, 'x')

HomeFunctions

Last Updated: 7/27/2019, 11:23:37 AM